iPhoneが充電できない!本体の接触不良の原因は?



充電ケーブルに原因がある場合

まずは、iPhoneの充電ケーブルに原因がある場合から。

充電ケーブルは、基本的にAppleの純正品を使う必要があります。
純正品以外のケーブルがたくさん売られていますが、
これらを使うと、正常に充電できない場合が多いです 。

充電できたとしても、バッテリーに異常が出てきます。
すぐにバッテリー切れになるなど、寿命が短くなるので、ケーブルは、純正品を使いましょう。

iPhone購入時に付いてくるケーブルは短いので、
私は、長さ2メートルのApple純正品を買って使っています。
長さがあると、何かと便利です。

 

続いて、iPhone本体に原因があるケースです。
こちらが、今回の本題です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

3件のコメント

  • 匿名

    おかげで充電不良が治りました!
    ありがとうございました!

  • 匿名

    いつも息を吹きかけてました。大した効果もないのに。
    中をほじくってみると当記事の画像の倍くらいの埃が、、
    一瞬でなおりました!
    本当にありがとうございました

  • 匿名

    この2か月程接触不良で、遂に完全に充電できなくなったときに
    この記事のお蔭で治りました。
    埃が嘘みたいに出てきてすっきりです
    共有して頂きありがとうございました!

お気軽にコメント下さい