インフルエンザ予防接種の時期【2016年】いつから?効果と期間



予防接種の効果が現れる期間は?

インフルエンザワクチンを接種してから効果が出るまでには、
およそ2週間かかると言われています。

ですから、インフルエンザが流行り出す12月の2週間前、
つまり11月の半ばまでに予防接種を受けるのが望ましいです。

インフルエンザの予防接種は11~12月中に!

しかし、そうは言っても、仕事が忙しかったりすると、
なかなか病院に行けない場合もあります。
特に11月は予防接種のピークで患者さんも多く、病院も混んでいます。

フ?リント

そのような場合は、インフルエンザが流行るピークの1月の前、
つまり12月中旬までには、受けたほうが良いでしょう

仮に、年内に予防接種を受けられずに、インフルエンザのピーク時期になってしまっても、
予防接種を受けることに意味はあります。

そこで、そもそもインフルエンザワクチンの効果とは何なのかを知っておきましょう。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

7件のコメント

    お気軽にコメント下さい