インフルエンザ予防接種の子供の間隔は?2回目の時期【体験談】



今年も、インフルエンザの予防接種の時期がやってきました。

インフルエンザ予防接種のポスター画像

インフルエンザの予防接種は、一般的に、大人が1回、子供が2回とされています。

これには、もちろん意味があります。

今回は、子供にインフルエンザの予防接種を受けさせる時期や、
1回目と2回目の間隔、効果などについてお伝えします。






インフルエンザ予防接種!子供の1回目の時期は?

今年も、娘と一緒に、かかりつけの小児科で、インフルエンザの予防接種を受けてきました。
>>インフルエンザ予防接種の時期【2016年】いつから?効果と期間

私が、医師から聞いた話や調べたことを、まとめます。

まず、子供に予防接種を受けさせる時期について、お話しします。

多くの病院では、10月からインフルエンザの予防接種を始めていますので、
可能な限り10月中に受けるのが良いです。

インフルエンザが流行する時期は、例年12月~3月ころ
ピークは、1~2月と言われています。

インフルエンザのワクチンを接種してから効果が出るまでには、
およそ2週間かかると言われています。

なので、遅くとも11月中には、受けるように心がけましょう。

私たち親子は、今年は、10月中旬に予防接種を受けました。

私は、今回の1回で、今年は終わりですが、4歳の娘は、この後、2回目を受けます。

続いて、

  • 子供は、なぜ、予防接種を2回受けるのが良いのか?
  • 1回目と2回目の間隔をどれくらい開けるのか?

 

について、お話しします。次のページで。

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい