中性脂肪とは?【コレステロール】との違いと関係



【中性脂肪】と【コレステロール】の違い

中性脂肪】と【コレステロール】は、混合されやすいですよね。

私も、実際、健康診断の結果を見るまでは、あいまいな認識でした。

体内には、4つの脂質(脂肪の仲間)があります

  • 中性脂肪
  • コレステロール
  • リン脂質
  • 遊離脂肪酸

 

中性脂肪も、コレステロールも、「脂質」の一つだったんですね。

中性脂肪が、主にエネルギー源の役割を担っているのに対し、
コレステロールは、細胞を構成する細胞膜、その成分の一つです

約60兆個もある、人間の細胞を支える役割を担っている訳です。

つまり、中性脂肪もコレステロールも、体に必要不可欠な脂質ということです。

 

【中性脂肪】と【コレステロール】の関係

でも、中性脂肪とコレステロールには、どんな関係があるのか?

中性脂肪が増えると、コレステロールのバランスが崩れ、動脈硬化が促進されてしまいます。

そして、動脈硬化が進むと、脳血栓・脳出血狭心症・心筋梗塞といった、死に至る病にかかるリスクが高まります。

つまり、中性脂肪とコレステロールのバランスが大事になってくるのです。

そのメカニズムについては、まずはコレステロールが2種類あることや、
それぞれの役割について知る必要があります。詳しくは、こちらの記事で。

  • 悪玉コレステロールと善玉コレステロール【記事更新中】
スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と2歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

お気軽にコメント下さい