コストコ ステーキ肉の焼き方!肩ロースステーキがおすすめ



コストコの肩ロースステーキの焼き方は?

では、早速、コストコで買った、牛肉の肩ロースステーキを焼いていきます!

先ほども言ったように、まずは、事前に、肉を冷蔵庫から取り出し、常温にしておくこと。
冷蔵庫から取り出した直後だと、肉の芯が冷たいので、なかなか火が通りません。

できれば、30分くらい放置しておきましょう。
時間がない時は、冷たいまま焼いて下さい。
それでも、ちゃんと仕上がるように焼きますので。

常温に戻した肉に、塩コショウして、熱したフライパンに少量の油を敷き、片面を焼きます。

コストコのステーキ肉をフライパンで焼く画像

表面がしっかりと焼けたら、裏返します。

コストコの肩ロースステーキを焼く画像

通常の厚さのステーキなら、普通に裏面を焼いて終了。ですが、
このステーキ肉は分厚いので、常温に戻していても、なかなか中まで火が通りません。

そこで、フライパンに蓋をして、蒸し焼きします。

ステーキを蓋して蒸し焼きにする画像

ここで、弱火にして、じっくり焼くと火が通りやすくなります。

とはいえ、余り長く焼いていると、表面が硬くなってきてしまうので、
ほどほどのところで、肉をまな板に上げてカットしてみると…

肩ロースステーキのレア画像

やっぱり、まだ、かなりレア

私は、レア肉が好きですが、さすがに、もうちょっと火を通したいです。

ということで、カットした肉を、再び、フライパンに戻して、
火が通っていない面を、軽く焼き直します

カットステーキの画像

カミさんからは、「なら、初めからカットして焼けば?」と、いつも言われますが…

なんていうか、それは嫌なんです!
最初からカット肉にすると、つまらないんですよね。

ステーキ肉は、一枚肉で、豪快に焼きたいじゃないですか!

それに、初めからカットすると、肉汁が出てしまうし、硬くなってしまいがちです。

なので、私は、この順番で焼いています。

そして、焼き上がった肉が、こちら。

コストコのステーキ肉をカットした画像

結局、サイコロステーキみたいに(笑)

でも、中は、ちょうどよいミディアムレアに仕上がって、
とってもやわらかいです!

最初の段階や、焼き直しの時に、焼きすぎてしまうと、
肩ロースだけに硬くなって、美味しさが半減してしまいます。

私も、焼き方を色々と試してみましたが、結局、この方法に落ち着きました。

ということで、一発で焼き上げることは出来ませんでしたが、味は、問題なし!
とっても、美味しいです!!

柔らかくて脂がしつこくないので、いくらでも食べられます。
実際、パックには6枚入っていますが、私と妻で、一度に3枚焼いちゃいますからね。

他に、良い焼き方を知っていたら、ぜひ、教えて下さい(笑)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

4件のコメント

    お気軽にコメント下さい