赤ちゃん熱中症対策グッズ!外出時のおすすめ5つ

ここ最近の猛暑は、本当にしんどい熱さです。

東京でも、気温が35度を超える猛暑日を記録し、本当に、あつ~い。。。

そうした中、気を付けなくてはならいないのが、
赤ちゃんの熱中症

そこで、熱中症の予防に役立つグッズをピックアップしました!

スポンサー リンク




赤ちゃんの熱中症を予防するのに役立つグッズは?

大人が少し歩いただけで、へとへとになる熱さですから、
赤ちゃんと一緒に外出する時は、
色々と気を使わないと熱中症になってしまいます。

まあ、大丈夫かな~。

なんて、考えは危険ですよ!

油断は禁物です!!

赤ちゃんの熱中症対策に役立つグッズをうまく活用して、
しっかり赤ちゃんの熱中症を予防しましょう。

外出時に必要な熱中症対策グッズ

まずは、夏場に赤ちゃんが外出する際に、必ず用意したいグッズです。

熱中症対策グッズ① 日よけ帽子

日よけの帽子は、言うまでもなく、赤ちゃんが外出する時は、必要なものです。

UVカットで、日本製の帽子がおすすめ。

もちろん日差しを避けるのが目的ですが、
かわいい帽子を選んで、おしゃれとしても楽しんじゃいましょう!

写真のようなチューリップハットから、紐で結ぶタイプなど、
かわいい帽子がたくさん出ているので、
赤ちゃんのサイズに合わせたものを用意してあげて下さい。

ちなみにうちの娘は、
出産祝いに頂いたミキハウスの帽子をかぶっています。

>>日よけベビー帽子の一覧はこちら

熱中症対策グッズ② ひんやりガーゼベスト

ベストの内側に保冷ジェルを3つ入れられる
赤ちゃん用のひんやりガーゼベストです。

保冷材は、首の後ろと、両脇の下に入るので、
赤ちゃんの体温が上がった時に、熱をクールダウンさせる効果が。

熱中症予防にも使えますし、
赤ちゃんが熱を出した時にも併用できます。

ガーゼ素材なので、肌触りも良く、安心です。

>>ひんやりガーゼベストの一覧はこちら

熱中症対策グッズ③ ひんやりベービーカーシート

こちらは、ベビーカーに直接、取り付けられるひんやりシートです。

最近の猛暑のためか、
今、ネット通販で大人気で、売り切り続出しているグッズです。

保冷剤を、頭、背中、足の3カ所に、2つずつ、
合計6カ所に入れるタイプです。

赤ちゃんが入るベビーカーは、
夏の日差しがアスファルトで照り返すため、
大人の顔の位置の温度よりも、3~4℃高いと言われています。

ですから、なかなか気が付きにくいですが、
ベビーカー内での対策が必要になってくるのです。

いくつかタイプがありますので、
ベビーカーにあったシートを選んでみて下さい。

>>ひんやりベビーカーシートの一覧はこちら

 

熱中症対策グッズ④ ふにゃふにゃミニ扇風機

どこにでも取り付けられるクリップ式の扇風機です。

スポンジ製の羽なので、ふにゃふにゃ。

回っている時に、万が一、赤ちゃんが触れてしまっても、
怪我しにくいタイプになっています。

クリップ部分を、洗濯バサミのようにして挟むだけなので、
ベビーカーにも付けられるし、
外出時のテーブルなどにも付けられます。

>>ふにゃふにゃミニ扇風機の詳細はこちら

熱中症対策グッズ⑤ ひんやりケット

こちらは、通常は、夏場、赤ちゃんが寝るときにかける、
ひんやりタオルケットです。

ですが、外出時にも便利で、UVカットもついているので、
ベビーカーや車内での、熱さましに使えます。

ふとんメーカーとして有名な「西川」が出している日本製ですので、
安心して使えます。

うちの娘は、毎日、西川のふとんに寝ています。
これも、なかなか良いですね!
我が家でも、ひんやりケットを買おうか検討中です。

>>ひんやりケットの詳細はこちら

以上、5つ、赤ちゃんの熱中症対策に使えそうなグッズを選んでみました。

他にも、ユニークなものが色々と出ていますので、
かわいい赤ちゃんのために、用意してあげて下さい。

熱中症を予防し、暑い夏を乗り切りましょう!!

スポンサー リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ


TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、4歳娘と0歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール
follow us in feedly

記事のカテゴリー

4件のコメント

    お気軽にコメント下さい