赤ちゃん熱中症は室内も危険!適した室温と湿度は?



熱中症を予防するのに、冷房は何度に設定する?

熱中症を予防するためには、先ほど紹介した温湿度計などを参考にして、
適した温度や湿度を保つことが重要です。

そのためには、室内の風通しをよくしたり、
ブラインドやカーテンで日差しを遮るなどの対策があります。

それでも、温度や湿度が下がらない場合は、
エアコンを上手に使うのが効果的です。

私たち夫婦もそうでしたが、
育児中のママさんからは、よくこんな質問が聞かれます。

子育てママからの質問
  • 赤ちゃんを寝かす部屋の冷房は何℃に設定する?
  • 暑がりな夫が冷房の温度を下げるから、心配
  • 赤ちゃんに扇風機の風を当てても大丈夫?

色々と調べた上で、
我が家で行っている室内の温度調整の仕方をお伝えします。
我が家では、室温が28℃を超える場合は、「冷房」を付けています。

また、湿度が60%を超える場合は、「除湿」を付けています。

「冷房」を付ける際に気にすべきことは、
設定温度を何℃にするか、ではなく、
冷房を付けている時間や設定温度をこまめに調節することで、
室温を26℃以内に抑えるのが理想です。

ただ、真夏の場合、なかなか室温が26度以下にはならないので、
そこは、臨機応変に暑いと感じない温度まで下げます。

 

室温が30度を超えているような場合では、
最初の設定温度を低めに設定し、少し室温がさがってきたら、
設定温度も上げることで、徐々に室温を下げていきます。

「除湿」の場合は、とくに設定はないですから、
湿度が適正な値になれば、エアコンを止めて調節。
また湿度が上がるようなら、再び、「除湿」を付けるといった具合です。

エアコンを付けていない部屋で赤ちゃんは大丈夫?

まれに、エアコンをつけていない部屋で
赤ちゃんを育てているママさんの話を聞きますが、
できれば、エアコンを付けてあげて下さい。

エアコンを買う場合、確かに最初はお金がかかりますが、
今では、電気代が節約できるエコタイプや、
性能の良いエアコンが出ていますので、
長い目でみれば、絶対に付けていたほうがお得です。

 

エアコンと扇風機を上手に使って熱中症を予防しよう!

寝ている間はどうするかというと、
やはり、「冷房」や「除湿」を一晩中つけっぱなしというのは、
風邪をひくリスクがあるので、タイマーで2時間程度に設定します。

扇風機も使えますね。

扇風機は、必ず“首を振って”、
赤ちゃんからは最低2~3メートル離した位置に置きます。
この時も、タイマーセットをしておきます。

タイマーで、エアコンや扇風機がとまると、
当然、室温や湿度が上がって、寝苦しいこともあると思います。

ですが、赤ちゃんが0歳児の時は、
必ず、夜中に授乳やミルクを与えるため、目覚めると思うので、
その時に、またタイマーを設定するなどして、うまく対応すれば良いと思います。

我が家では、このような対策をとり、暑い夏を乗り切りました。
生後2~3か月だった娘も、熱中症になることはなく、
エアコンの効きすぎで、風邪をひくようなこともなかったです。

 

もちろん、熱中症にかかってしまうかどうかは、
温度や湿度の環境面だけでなく、赤ちゃん本人の体調などに関わってくるので、
こうしたからといって、必ず熱中症が防げるという訳ではないです。

それでも、大切な赤ちゃんが熱中症になる確率を減らせると思うので、
ぜひ、部屋の温度と湿度が分かる温度計を活用し、
赤ちゃんにとって快適な空間を作ってあげてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当レストランのシェフ

TVディレクター・ジン

TVディレクター・ジン
報道番組の制作を担当、5歳娘と1歳息子のパパです。料理レシピや全国食べ歩きグルメ、子育て情報、ONE PICEネタ、iPhone関連など、知って得する生活情報を記事にしています。
>>詳しいプロフィール


follow us in feedly

記事のカテゴリー

1件のコメント

    お気軽にコメント下さい